羽衣インコのチョビを連れて、鳥の病院に行ってきました。

電車で片道2時間。。。ですが、10年以上お世話になっているので安心できますし、遠方からの患者さん(鳥)も、この病院では少なくないようです。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

特に外科で有名な鳥の専門病院で、、、あれ?でもウチの子達はオペされた事がないから。

幸か不幸か外科担当の院長先生に一度も会わずに、先輩インコのみっふぃーくんに続き、気付けば2代目チョビくんも通っていました。もう長いお付き合いなんですね。

スポンサーリンク


よりによって今日は雨だなんて 😥

傘+インコ+保温グッズ+チョビの買い物(商品)と、軽いけれど、手荷物が多くなりがちでペットの移動は大変です。

移動用のケージ&バッグも悩みの種のひとつ。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

おおきなバッグに全てまとめるか?斜め掛けなど両手が自由になるバッグをメーンに、鳥だけは手提げに入れて持ち歩くか?

インコと一緒に電車に乗ろう!虫カゴで移動篇

ピクニックではない。病院に行くために電車に乗りたいのです。その準備をしてみました。

虫かご兼プラケースに、チョビくんを入れる前に、

お弁当、、、もといゴハンを装備します。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

ボレー入れ(小)を両面テープを使って接着。

ボレー粉入れは大抵「大小セット」で販売されていますが、「大」だと首元が容器にめり込んで食べにくそうにしていた為、

うちでは「小」サイズのみを使用。

金属部分は、くるくるっと回しながら引っ張ると抜けますので(手で無理そうなら工具で引っ張る)フラットにした面を直接テープで接着させます。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

これを取り付ける(貼り付ける

鳥さんの移動は、短時間なら水は入れなくてもいいそうですが、これから夏ですしね、一応入れておきたくなる。

水をこぼさないように移動するのも至難の業なんですが。。。私は極少量を入れて外出させます。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

粘着力が強力なテープは必要ないですし、使った後もわりとキレイに剥がせますよ。(たまに残ることも)

換羽中は羽が混入したりと、移動中にどうしても水を取り換えたい時は、鳥が外に出ないように注意しながら、一旦テープを剥がしますが接着面を水で濡らさなければ、貼り換えずに再利用も可能でした。

プラケース×止まり木も付けられる!

今日、時間がなくて付けられなかったのですが、、、止まり木も入れてあげると、成鳥は落ち着き易いみたいです。

平面な床よりも、鳥さんの足は蒲鉾型みたいにカーブした面のほうが掴みやすいとも聞きました。

ジャンボセキセイ 羽衣セキセイインコ透明ケース

止まり木を虫カゴの幅に合わせてカットします。ぴったりサイズに切り出すのは難しいので、

端にティッシュで詰め物をして長さを微調整したり。つっぱり棒を取り付ける感じで、止まり木を装備します。

写真のように、床に止まり木を置くだけでもok。高さがなくても、鳥は止まり木だと認識するようですし、老鳥になると普段からこのスタイルで暮らす子もいます。

こういった方法は、みっふぃーくんが入院してしまった時に、病院で行われていた鳥さんの簡易住居を見て、移動用にしたものです。

特に病鳥さんは、バードケージ(網の)よりも、プラケースのほうが保温も出来る点では良いのかもしれませんね。

鳥×エコバッグ(その後)使ってみた感想

鳥さんの移動用に、前回ブログでレジバッグを使えないか、、、と購入し、今回実際に移動してみたのですが、

微妙―――。良い面も悪い面もありました。

今日は雨だったので、荷物をひとまとめに出来るサイズ感は良かったのですが、

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

底板がないため、置いた時に形が崩れやすい。電車に座っているときも膝の上でなだれてきてしまう。

・・が、手提げや肩掛けにするなら、脇に抱え込みやすくて丁度いいんですよね。

保温/保冷用にアルミシートを張ったエコバッグなら、ここまでクタっとしないかも。

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

道中(片道2時間)ずっと立ちっぱなしのストイックさは、私にはないので、

結局。鳥だけを単体で持つならば、ここまでの大きさは必要ない気がしちゃいました。

5月。暑くも寒くもなく移動しやすい季節ですが、もう列車内は冷房がきいています。弱冷房車を選んで乗ったり、タオルやブランケット等のおくるみを持参するなど、

6月。梅雨に入れば湿度が高くなるので、鳥も蒸し暑さを感じます。

温度管理には気を使いますよね。

↓チョビくんINバッグ盗撮?!

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

えっ?そういうキャラだっけ?

鳥 バードキャリー インコとおでかけ エサ入れ

長旅、お疲れさまでした。

移動中、過度な揺れや音に驚いて、神経質な声をあげることもありましたが(ピキピキピキみたいな)

明らかなインコ声で日本語が聞こえてきたり、丸くなって眠っていたり、ゴハンを食べるほど自由な姿も見られましたので、大丈夫そうだね。